こへび隊

大地の芸術祭公式サポーター

【終了いたしました!】まつだい棚田バンク田植え2018イベントサポート活動

更新日:2018年05月03日


こへび隊の皆さま

こんにちは。こへび隊の岡崎多美です。
美しい棚田風景で有名な妻有ではこれから田植えのシーズンを迎えます。
さて、今回のこへび通信はそんな妻有で毎年恒例となっています、まつだい棚田バンク田植え2018イベントサポートの活動募集です。毎年とてもにぎやかな活動となっているようです!
米どころ妻有で地元の皆さんや里親さん、お客さんと協力をして田植えをしてみませんか。
・まつだい棚田バンク2018公式HP
http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20180519_20_02

<募集要項>
(注意事項)
※こへびカー、こへびバスの到着時間は道路の状況等によって変わる場合がありま
夜発では途中夕食休憩はありませんので召し上がってくるかご持参をお願い致します
※最終日の温泉は活動終了時間によって寄らない場合があります

■活動内容
まつだい棚田バンク2018田植えイベントのサポート、田植え

■活動募集日
・パック①5/11(金)夜~13(日) ※11(金)は移動のみ
・パック②5/18(金)夜~20(日) ※18(金)は移動のみ

■募集人数
・パック①・・・8名
・パック②・・・8名

■活動スケジュール ※詳細はリマインドメールでご案内いたします
5/11・5/18(金) 池袋駅東口高速バス乗り場20:00発→六日町I.C23:12着→宿舎
5/12・5/19(土) 終日イベントサポート活動
5/13・5/20(日)  イベントサポート こ活動→18:05頃六日町I.C発→21:17池袋駅東口着/解散 ※※帰りは高速の渋滞状況によって予定時間より大幅に遅れることがあります※※

・今回募集の活動は往復高速バスを利用します。定刻出発しますので遅刻対応はできません。ご注意ください。
・パック②の2日目は里親さんや地元の方との交流会があります。
こへびの参加費は2,000円です。夕飯もこちらでとります。
こへびはこちらの交流会のお手伝いもします。終了は21:00過ぎの予定です。

■宿舎
松和荘

■持ち物
・基本的な旅行用品
・田植え用の長靴(ない方は現地でレンタルができます。無料です。申込みフォームでサイズを選択してください)
・かっぱ
・ゴム手袋
・汚れてもいい作業服(長袖・長ズボン)
・着替え(多めに)
・つばつきの帽子
・汗拭きタオル
・ひよけのため首に巻けるもの(手ぬぐい・ストールなど)
・虫除けスプレー (蚊だけでなくブヨも出ます)
・日焼け止め
・スポーツドリンク
※※田植えがメインとなり、全行程屋外です。天候によっては暑かったり寒かったり雨で濡れたりしますので対応できる準備をお願い致します。

■かかる費用
・温泉代 (施設によりますが500円~600円くらい)
・食事代 補助なし・実費
・パック②の2日目 交流会参加費2,000円
・パック②の3日目 お昼のお弁当代1,000円
・シーツ代300円
・他諸経費

■申込み〆切
・パック①→5/8(火)21:00
・パック②→5/15(火)21:00
※募集人数に達し次第、〆切前でも募集終了、またはキャンセル待ち扱いとなります。ご了承ください。

■「まつだい棚田バンク2018イベントサポート活動」申込みフォーム

・パック①→https://goo.gl/forms/1Xzyw0ugktG8mZYj2

・パック②→https://goo.gl/forms/4aG0eHtnZDg55KUO2

■こへび隊登録フォーム ※まだこへび隊に登録していない方のみ。過去に活動されたことのある方は不要。ボランティア保険が適用されます。
登録フォーム→
https://docs.google.com/forms/d/135DrJi2dGb39k8fft5bPiEmBriUx5mdMR-eVoU8qm6s/viewform?c=0&w=1

■※重要※事務局より
①募集〆切後、事務局にてシフト調整をいたします。
〆切後数日以内に、参加の可否にかかわらず活動お申込みされた全員へ事務局よりご連絡を差し上げます。
kohebi3@yahoo.co.jpからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。
万が一、メールが届かない場合はkohebi3@yahoo.co.jpまでご連絡をください。
②活動日が近くなりましたらリマインドメールをお送りします。
活動詳細や何か変更点があった場合はリマインドメールでお知らせします。

その他ご質問やご不明な点がありましたらお気軽にこへび隊事務局kohebi3@yahoo.co.jp までご連絡をください!

こへび隊事務局
岡崎多美

↑このページの先頭に戻る