こへび隊

大地の芸術祭公式サポーター

こへび新聞

こへび新聞は「大地の芸術祭」サポーターの「こへび隊」が、越後妻有の魅力をお届けする新聞です。
越後妻有では、学生、社会 人、主婦、各分野の第一線で活躍する人や 60 代のベテランまで、多様な「こへび」が活動しています。

大地の芸術祭2015 本会期中の活動募集!【シンプル版】

11830230_860800673989105_2106261050_n

大地の芸術祭2015 本会期中の活動募集!
――――――――――――――――――――――――――――――
【活動内容】作品管理、ツアーガイド、作品制作&メンテナンス、イベント手伝い、
こへび隊運営

◆こへびカー運行状況◆
行き(東京-新潟):
毎金曜日20:00 代官山(ヒルサイドテラスA棟前)発-24:00頃 十日町着
毎水曜日 08:00 代官山(ヒルサイドテラスA棟前)発-12:00頃 十日町着

帰り(新潟-東京):
毎日曜日 18:00頃 十日町発-23:00頃 新宿又は代官山着
毎水曜日 18:00頃 十日町発-23:00頃 新宿又は代官山着

申込み方法
こへび隊事務局kohebi3@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
――――――――――――――――――――――――――――――
メール件名 :「大地の芸術祭2015活動参加」
・メール本文に必要事項(下記)をご記入  いただくか
・シフト表に必要事項を記入し、メールに添付して下さい。
↓↓↓会期中シフト表のダウンロードはコチラ↓↓↓
コチラ
★★お願い!★★
メール本文よりも、シフト表添付で送付いただけると助かります。

※メール本文 記載事項
【氏名】越後妻子 【ふりがな】えちごさいこ
【性別】女      【生年月日】1970/1/1
【携帯番号】090-0000-0000
【住所】新潟県十日町市松代0000番
【車の運転可/不可】 可
【活動期間】例:7/24(金)~8/2(日)
【宿舎利用期間】 例:7/24(金)~8/1(土)
【こへびカー利用日】 7/24(金)、8/2(日)、

活動の詳しい説明はこちら→ http://kohebi.jp/news/1860/ http://kohebi.jp/collect/1801/

 

【観光で行かれる方は、こへび弾丸ツアーがお勧めです!・・・http://kohebi.jp/news/1853/

今年は本祭なのでさらに盛りだくさんで、主要新作は見れる、

妻有で一番美味い蕎麦食ったり、名作のある宿に泊まったり、村の盆踊り参加したり、

往復33,000円ですがほとんどバス・電車の移動なんで安心!

まだちょっと催行人数足りなくて、参加者大募集中です!

情報シェアお願いします!】

 

こへび新聞第4号
newspaper_vol4

【目次】
・哀しみながら生きているすべての人につながり、忘れないために(北川フラム)
・「越後妻有の林間学校」夏のご報告
・つなぐ想い、つながる絆、つづける「大地の手伝い」
・横浜/新港村に大地の芸術祭ブースができました!
・来年の大地の芸術祭はどうなる!?ほか

PDF Download | 1.6MB

こへび新聞第3号
newspaper_vol3

【目次】
・生きる証としてのささやかなお祭りを
・地震と豪雪を越え、大地の芸術祭2012へ
・大地の祭り2011夏—越後妻有の林間学校
・東日本大震災 石巻出張支援レポート
・つなぐ想い、つながる絆、つづける「大地の手伝い」
・妻有びとの想い「長野県北部震災を受けて」

PDF Download | 1.6MB

こへび新聞第2号
newspaper_vol2

【目次】
・越後妻有 大地の芸術祭の里 地区紹介①下条地区
・まつだい棚田バンクの一年を振り返って
・雪アートプロジェクト2011冬 開催!
・越後妻有の冬の生活
・越後妻有のお祝い・おもてなし料理
・「大地の芸術祭」をはじめて知った方へ 越後妻有のいろは

PDF Download | 3.9MB

↑このページの先頭に戻る